排出事業者様へ

排出事業者の「産業廃棄物の処理状況の確認」について(改正廃棄物処理法)

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)は、過去数度の改正により、「排出事業者責任の徹底」が厳格化されてきました。
2010年の廃棄物処理法改正では、第12条第7項に、「排出事業者は、産業廃棄物の運搬又は処分を委託する場合には、当該産業廃棄物の処理の状況に関する確認を行い、当該産業廃棄物について発生から最終処分が終了するまでの一連の処理の行程における処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。」と定められています。

さらに、廃棄物処理制度専門委員会での議論から、「委託契約をするときは、処理業者の廃棄物処理現場を実際に訪問し、委託契約のとおりに処理されているかどうかを確認する(実地確認)。」という意味になります。


○処理の状況に関する確認とは・・・
(例)委託先の中間処理施設や最終処分場について、適正処理のための必要最低限の事項を実地に確認すること。
・委託した産業廃棄物の処分に係る施設が使用可能な状況にあるか
・施設外への廃棄物の飛散・流出はないか          等
(例)処理業者の処理状況及び維持管理状況等の公表情報から、施設の稼働状況等、適正処理が行われていることを確認すること。


【効果】
 排出事業者は、処理委託先の産業廃棄物処理業者が委託契約書に沿って、産業廃棄物の処理を実施していることを確認することで、最終処分終了までの一連の処理行程における適正処理をより一層確保することが可能になります。



エコアスの取り組み

処理場見学  弊社では上記を受けまして、お客様(排出事業者様)への「産業廃棄物中間処理施設(有機性汚泥脱水処理施設)」見学コースを設けており、これまでに多くの官公庁関係者様、民間企業様に実地確認を頂いております。

排出事業者様におかれましては、上記法改正に準じまして、弊社施設を定期的に御見学下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。


当社プラントにご興味を持たれた方は、随時見学を受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。





産業廃棄物中間処理施設に見学に来られた官公庁関係者様および公共団体様

・財務省福岡財務支局合同庁舎管理室
・経済産業省九州経済産業局資源エネルギー環境部環境対策課
・国土交通省九州地方整備局総務部総務課
・福岡県総務部財産活用課
・福岡県農林水産部福岡農林事務所総務課
・福岡県警察本部総務部施設課
・福岡県警察本部交通部運転免許試験課
・福岡県立博多青松高等学校
・福岡市財政局財政部財産管理課
・福岡市道路下水道局下水道施設部水質管理課
・福岡市水道局総務部経理課
・福岡市こども未来局子育て支援部保育課
・宗像市教育委員会学校管理課
・福津市教育委員会教育部学校教育課
・八女市新社会推進部社会環境課
・八女市立花支所市民生活福祉課
・筑後市市民生活部かんきょう課
・広川町役場環境衛生課
・那珂川町役場教育部学校教育課
・福岡県工業技術センター
・財団法人 福岡市施設整備公社施設課
・財団法人 福岡市学校給食公社総務部経理課
・財団法人 福岡市職員厚生会
・国家公務員共済組合連合会
・福岡少年院
・特定非営利活動法人 アジアHACCP協会
・大阪府泉佐野商工会議所建設部会
・山口県宇部商工会議所建設業部会
・福岡県志免町商工会女性部会
・伊予市松前町共立衛生組合
・沖縄県産業廃棄物処理共同組合
(順不同、敬称略)

ページ先頭へ